Top >  縮毛矯正について >  縮毛矯正のデメリット2

縮毛矯正のデメリット2

縮毛矯正のデメリットパート2です


縮毛矯正をするのには、大体4時間から6時間程度

の時間が非常にかかります。とても長いですよね。


長時間座っているというだけでも、意外と大変なんですよ。

長時間掛かってしまうので、仕事などで忙しい方は、

あまり気軽には受けられないので、時間が必要です。


また、くせ毛の方でもある程度長い髪でないと出来ないので、

ショートヘアの人は出来ないということもあります。


美容室によっては受け付けてくれますが、

難しいと断られることもあるようです。


そして人によっては、抜け毛が増えたり、切れ毛や枝毛など

髪のトラブルを招いてしまうこともあります。


髪が細い人や、熱に強くない髪を持っている人には、

負担が大きいので、出来るだけ避けたほうがいいと思います。


また、くせ毛についてにも書いているのですが、

連球毛のくせの方は縮毛矯正は向いていません。


いいことだけではなく、

悪いことも伴ってくるので両方を見た上で、

やるかやらないか判断できるといいですね。


また、受ける前には美容室に相談してみてください。


自分のくせのタイプなどを見てもらった上で、

縮毛矯正が出来るのか?ということも踏まえて、

自分の納得の行くまで、話を聞くことも大事です。


親身になって相談に乗ってくれると思うので、

一度は相談をしてみましょう。

         

縮毛矯正について

縮毛矯正とは何か?デメリットやメリットなど、
詳しい説明をしていきます。

縮毛矯正は、やったことのない人には、少し不安がありますよね。
美容室に行かないと聞けないことなども、くまなく説明して行きます。

また、市販されている縮毛矯正の薬剤の効果についても、
詳しく説明して行きます。

後々後悔をしないように縮毛矯正を受ける前に、
縮毛矯正のメリットとデメリットを知っておきましよう。

関連エントリー

縮毛矯正とは?
縮毛矯正の種類
縮毛矯正の順番
縮毛矯正とストパーの違い
縮毛矯正のメリット
縮毛矯正のデメリット1
縮毛矯正のデメリット2
縮毛矯正をした後のヘアケア
自宅でも縮毛矯正が出来る
市販品縮毛矯正薬の効果は
アイロンでストレートに




くせ毛対策専門サイト【無料】メールセミナー 美容師が教える【くせ毛対策講座】
基礎知識を付けることでくせ毛を回避しましょう
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録