Top >  縮毛矯正について >  縮毛矯正のデメリット1

縮毛矯正のデメリット1

もちろん、縮毛矯正にもあるデメリット。。。


縮毛矯正はデメリットも伴ってきます。

デメリットを承知で大丈夫であれば、

縮毛矯正をしてみるのもいいかもしれないですね。


人は、いいところばかりを見てしまいがちですが、

悪いところだってあるんです。


今、縮毛矯正をしようと思っている方にとっては、

デメリットを聞くのは避けようと思っている方もいると思います。


ですが、何事もメリットとデメリットがあるのが当然。

意思が揺らいでしまうかもしれませんが、

後々、ああしなければ良かったと後悔しないように、

今知っておきましょう。


また、今知っておくことでトラブルを

未然に防ぐことも出来ますよ。


まず、強い薬なのでもちろんダメージがあります。

そして、一度縮毛矯正をしたからと新たに生えてくる髪も

ストレートになるわけではありません。


なので、髪が伸びてくると生え際が

くせ毛なので不自然になってしまうことがあります。


その場合は、新たに縮毛矯正をしてストレートにする必要があります。

必ずではなく、自分でまた縮毛矯正をしようと

思うのなら、したほうがいいですね。


そして、店によってさまざまですが値段が高いです。

ストレートパーマは、5000円前後で出来ますが、

縮毛矯正は、安いお店で8000円〜数万円と差があります。


長さによって値段も増しますし、

8000円以下でやってくれる美容院もありますが、

安いだけにブローをしてくれなかったり、

トラブルも多く起きているようです。


高すぎると、どこか決心が付かなかったり、

安すぎると技術が怠っているのではないか?と思われてしまいます。

私の経験だと、8000円〜16000円

程度のお店が丁度良かったです。


真っ直ぐになり過ぎてしまって、

どこか不自然になってしまったということもありますが、

全ては、美容師の技術なので一概には言えないですね。


自分のイメージや値段だけではなく、

口コミなどで情報を聞いたほうがいいと思います。


でも、技術については下手な美容室は少ないので、

そんなに心配する必要はないですよ。

         

縮毛矯正について

縮毛矯正とは何か?デメリットやメリットなど、
詳しい説明をしていきます。

縮毛矯正は、やったことのない人には、少し不安がありますよね。
美容室に行かないと聞けないことなども、くまなく説明して行きます。

また、市販されている縮毛矯正の薬剤の効果についても、
詳しく説明して行きます。

後々後悔をしないように縮毛矯正を受ける前に、
縮毛矯正のメリットとデメリットを知っておきましよう。

関連エントリー

縮毛矯正とは?
縮毛矯正の種類
縮毛矯正の順番
縮毛矯正とストパーの違い
縮毛矯正のメリット
縮毛矯正のデメリット1
縮毛矯正のデメリット2
縮毛矯正をした後のヘアケア
自宅でも縮毛矯正が出来る
市販品縮毛矯正薬の効果は
アイロンでストレートに




くせ毛対策専門サイト【無料】メールセミナー 美容師が教える【くせ毛対策講座】
基礎知識を付けることでくせ毛を回避しましょう
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録