Top >  縮毛矯正について >  縮毛矯正の順番

縮毛矯正の順番

縮毛矯正をする際いろいろな順序を踏んでいく必要があります。

簡単に説明しますね


まずは、美容室に縮毛矯正の予約をしましょう。

縮毛矯正は、たくさんの薬を使い、

薬剤の種類によっては時間も掛かるので

当日では出来ないことが多くあります。


なので、予め予約をしてから来店するようにしましょうね。


次にシャンプーと縮毛矯正準備です

シャンプーをしたあとにダメージを最小限にする為の処理ですね

処理は、クリームですね。


痒くなったり、皮膚が弱い方はかぶれてしまったりするので、

薬剤を使用する前には、必ず髪の生え際などに保護クリームを塗り、

耳には、ビニール製のカバーをします。


次は薬剤1を塗ります。

薬剤1は、髪の根元を除いた部分に塗っていきます。


一番最初に塗る薬剤は、強い薬剤なので、

皮膚の近い根元部分は避けるように塗っていきます。


次に薬剤を浸透させるます。

薬剤がしっかりと髪に染み込むようにラップをして、

時間を置き、髪全体に浸透させます。


ドライヤーを当てて温めておくことにより

より浸透しやすくなります。


次は洗い流します。

薬剤1が浸透したら、きちんと洗い流します。

このときは、すぐに薬剤2を塗るのでリンスは使いません。


次にヘアアイロンで伸ばします


ドライヤーで乾かしてから、アイロンで十分に伸ばしていきます。

ここで、髪をストレートにしておかないと縮毛矯正は失敗してしまいます。

この部分できちんとストレートにすることで、決まってしまいます。


次は薬剤2を塗ります。

薬剤2は、最初の薬剤と違い多少弱いので、

薬剤2は髪の根元まで塗っていきます。


次は洗い流しです


薬剤1と同じように薬剤が浸透したら、洗い流していきます。

このときは、リンスも使って洗い流します。

美容室によっては、このときにダメージケアもしてくれます。


最後にブローをします。

お店によっては、最後もアイロンを掛けてくれるところもあります。


美容室によって手順が様々なので、アイロンをかけないこともありますが、

最後にアイロンをかけたほうがサラサラになるので、

アイロンをかけてくれる美容室のほうが信頼出来ると思いますよ。


また、縮毛矯正は本当に時間がかかります。

これは、体験してことがないと分からないと思いますが、

シャンプー以外はずっと座っている状態なので、お尻が凄く痛くなります。


一般的には、縮毛矯正の時間は6時間程度です。

スーパーSARAだと、時間が短時間になり、2時間程度で済みます。

         

縮毛矯正について

縮毛矯正とは何か?デメリットやメリットなど、
詳しい説明をしていきます。

縮毛矯正は、やったことのない人には、少し不安がありますよね。
美容室に行かないと聞けないことなども、くまなく説明して行きます。

また、市販されている縮毛矯正の薬剤の効果についても、
詳しく説明して行きます。

後々後悔をしないように縮毛矯正を受ける前に、
縮毛矯正のメリットとデメリットを知っておきましよう。

関連エントリー

縮毛矯正とは?
縮毛矯正の種類
縮毛矯正の順番
縮毛矯正とストパーの違い
縮毛矯正のメリット
縮毛矯正のデメリット1
縮毛矯正のデメリット2
縮毛矯正をした後のヘアケア
自宅でも縮毛矯正が出来る
市販品縮毛矯正薬の効果は
アイロンでストレートに




くせ毛対策専門サイト【無料】メールセミナー 美容師が教える【くせ毛対策講座】
基礎知識を付けることでくせ毛を回避しましょう
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録