Top >  縮毛矯正について >  縮毛矯正の種類

縮毛矯正の種類

縮毛矯正にも、種類があるんです。

薬剤の種類がいくつかあります


これから言うのは、縮毛矯正の種類というより、

縮毛矯正に使用する薬剤の種類のことです。


美容室によって、使用する薬剤はさまざまですが、

簡単に説明をしますね


・Mr.ハビット

・スーパーSARA

・リペア

・リシオ

・ストリア

・リフレイン


他にもたくさんの種類があります。


Mr.ハビットは、縮毛矯正には最低限のダメージがあると言いましたが、

そのダメージ、つまり縮毛矯正による髪に起きるよくないことを

とことん省いたものがMr.ハビットです。


なので、ダメージが一番心配だという人にオススメです。


スーパーSARAは、超自然縮毛矯正だと言われています。

なので、一般的な縮毛矯正よりも、

より自然なストレートのように見えます。


また、縮毛矯正の時間も短時間で済むことが出来ます。


リシオは、どんなに強いくせもストレートにする特徴があります。

ですが、くせの強さによって値段が変わってきます。

アイロンの熱を利用して、髪の毛をストレートにしてくれます。


リフレインは、タンパク質を髪の内部に送り込んで、

髪をサラサラ、ツヤツヤにしていきます。

一般的な縮毛矯正とは、少し方法が手が違います。


リペアは、聞いたことがあるのではないでしようか?

根元から、ストレートに出来るという特徴があります。

細かい水分が素早く髪に浸透してくれます。


縮毛矯正だけでも、こんなにも種類があります


それと、最近はリペアという言い方をしますが、

一般的な縮毛矯正とよく似ているので、同じだと区別されています。


縮毛矯正とリペアは何か過程が違うのかな?と思われがちですが、

これは薬剤の種類を表しているんですね


         

縮毛矯正について

縮毛矯正とは何か?デメリットやメリットなど、
詳しい説明をしていきます。

縮毛矯正は、やったことのない人には、少し不安がありますよね。
美容室に行かないと聞けないことなども、くまなく説明して行きます。

また、市販されている縮毛矯正の薬剤の効果についても、
詳しく説明して行きます。

後々後悔をしないように縮毛矯正を受ける前に、
縮毛矯正のメリットとデメリットを知っておきましよう。

関連エントリー

縮毛矯正とは?
縮毛矯正の種類
縮毛矯正の順番
縮毛矯正とストパーの違い
縮毛矯正のメリット
縮毛矯正のデメリット1
縮毛矯正のデメリット2
縮毛矯正をした後のヘアケア
自宅でも縮毛矯正が出来る
市販品縮毛矯正薬の効果は
アイロンでストレートに




くせ毛対策専門サイト【無料】メールセミナー 美容師が教える【くせ毛対策講座】
基礎知識を付けることでくせ毛を回避しましょう
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録